あがり症改善に踏みだそう

あがり症は、どうして起こるのでしょうか


あがり症克服 西村順式あがり症克服

 

 

あがり症は、どうして起こるのでしょうか、何が原因であがり症などという厄介なものがついて回るのか。

 

一緒に探ってみませんか。

 

誰でも、人前で喋る時には多少なりとも緊張するものですよね。赤面したり、ドキドキと動悸

 

がしたり、手足が震えて止まらなかったりすることをあがり症というそうです。

 

では、あがり症になる原因は何でしょう。

 

あがり症の原因としては、血液中にあるノルアドレナリン値が関与しているといわれています。

 

緊張や不安を感じた時ノルアドレナリン値が急激に上昇し、交感神経を刺激するようです。

 

交感神経が刺激されると血圧や心拍数が上がり、顔が赤くなったり、手足が震えたりといった

 

いわゆるあがり症の症状が出るんです。

 

緊張とか不安を感じた時には、どなたでも血中のノルアドレナリン値が急激に上昇し、交感神

 

経を刺激するようです。

 


あがり症克服 西村順式あがり症克服

 

 

ただ、あがり症の人は特に交感神経が敏感ですので、ちょっとした場面の変化で症状が出て

 

しまうことがあります。

 

このように、あがり症の人は、他の人よりもすごく敏感に反応するだけで、もちろん病気でも何

 

でもありません。

 

自分があがり症だと感じても、それほど気にする必要はありませんが、ところが気になります。

 

でも、努力次第で改善することは確かです。

 

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」を繰り返さないで、あのつらい場面を少しでも改善できるように決

 

意しませんか。

 

自分にあった改善方法が必ずあるはずです。これを機会にいろいろな方面からトライしてみま

 

せんか。